オススメのアジアの雑貨・インテリアの紹介。アジア各国の工芸品や民芸品でアジアンリゾート気分を味わえるアイテムを集めてみました。
雑貨アジア>アジア雑貨旅行>タイの食べ物(デザート編)

タイの食べ物(デザート編)

食事の後はデザートですよね。

日本人女性はなぜか食後にアイスクリームやケーキを「別腹」と言って食べていますが、
タイ人女性は食後すぐにデザートは食べないようですよ。

1~2時間後に食べたりしているのを良く見かけますし、一度の食事が控えめな量ですので、おやつは欠かせないかもしれませんね。
地元の人は大抵、屋台で買っています。屋台の前で出来上がるのを待っているのを見かけますから。

例えばローティーン(クレープ風おやつ)はピザ職人のように生地を薄く延ばし、熱した鉄板にバターでこんがり焼き、その生地の上に刻んだバナナと卵、練乳を混ぜた物を流し込み、生地の端を中央に包み込んで両面良く焼きます。あとは一口大に切って最後に練乳をたっぷりかけて出来上がり。
中身は他にチョコレートやバナナチョコもあって中身無しの練乳かけっていうのもあります。
疲れた時に食べたくなる、熱々のあま~いスイーツです。

一人じゃ多いかも、私はいつも友達と食べるか、残しておいてあとで食べたりしています。
冷めても美味しいですよ。
中身無しは10THB 他は20~25THBです。

これは想像できる味です。
パンケーキを大きな鉄板に小さくいくつも並べて焼いた上にソーセージを中央に乗せて半分に折ってよ~く
焼いたら出来上がり。
ワッフルの形でフワフワのパンケーキがほんのり甘くて、ソーセージと一緒に食べるとアメリカンドッグの味に似ています。
2.3個で20THBだったと思います。

買い付けをしている最中、お店の中に居ると物売りの人が大きなザルを持って店の人に声を掛けていました。
おやつを売り歩いていたんです。
お店の人が買ったものを分けてくれましたが、私には苦手な味でした。
餅米を粗くつぶして何か入っていましたが分かりません。それは甘くてひとつずつ葉っぱに包まれていて蒸して あるそうです。
ちょっと匂いが・・・臭い靴のような・・・
お店の人は「アローイ」(美味しい)と言っていましたよ。
他には移動しながら売り歩いているアイスクリーム屋とか蒸しとうもろこし屋もあります。

あとデザートでよく見かけるのが果物の屋台。

子供たちとタイへいった時、息子が当時、果物が大好きで大好きで「タイへ行ったら好きなだけ食べられるよ。」と、私が言っていたので随分期待していました。
とりあえずは屋台で売られている果物からトライ。
ガラスケースの中に氷を敷き詰めてその上にパイナップル、スイカ、オレンジ色の瓜みたいなものを並べて
売っています。
その三種類を買って食べると、「うんま~い」といくらでも食べちゃいます。
良く熟しているし、気候もあっているんでしょう。甘くてみずみずしいです。瓜みたいなのは甘みが少ないです。

町を歩いているとマンゴスチンやみかん、苺、りんご、ドラゴンフルーツなど置いた果物屋さんもありますので
買ってホテルでお風呂上りに食べても良いですよね。
南国に適した果物なら甘くて美味しいですよ。みかんとりんごは日本の方が美味しかった気がします。

そうそ、忘れちゃいけないのが露店で売っているオレンジジュースです。
みかんを絞った果汁に砂糖を加えた甘いみかんジュースです。
250ml位の量で25THBです。プラスチックのボトルに入れて氷で冷やして売っています。
缶ジュースとか紙パックのものは15THBで買えるので少し高めですが、みかんを丸ごと絞っているので
皮の香りもして疲れが取れるって感じがします。
お勧めで~す。

これは味がいまいちです。日本で飲んだものよりは甘かったですが。
ココナッツ(ヤシの実)のジュースです。
ヤシの実の回りをそぎ落として片手で持てる位の大きさにしたものを細かい氷の中に埋めて冷やして売っています。
鉛筆の削ったペン先の形みたいです。
注文するとナタでペン先をコンコンと叩いて穴を開け、そこへストローをさして渡してくれます。
さっぱりした甘さですね。
タイの人は空になったら割って内側に付いているココナッツを削って食べてます。
体に良さそうですね。
これは20THBだったかな?

ジュースは屋台でも売られていて、小さなビニール袋に細かい氷を一杯入れた所にコーラやファンタを流し込んでストローで飲むんです。
冷たいんですが、すぐ飲みほさないと、外気が暑いのですぐ氷も溶けて味が薄くなってしまいます。
でもバンコクのウィークエンドマーケットのような野外で暑い場所では、溶けては飲みして、しかも冷たいので
体温が下がるようで体に良いかも知れませんね。
10THBでしたかね。

私はタイでこういった氷入りの飲み物や屋台での買い食いをしてお腹をこわしたことはありませんが、
旅行者の方は万が一ということがありますので気を付けて下さい。

Copyright© アジア雑貨. All rights reserved.