オススメのアジアの雑貨・インテリアの紹介。アジア各国の工芸品や民芸品でアジアンリゾート気分を味わえるアイテムを集めてみました。
雑貨アジア街のレストランで象に会う

街のレストランで象に会う

象ある日、タイ在住のひろこさんと、レストランで夕食を食べていた時のことです。のっしりのっしりと象がやってきたんです。

私  :「えぇ~何?象がいるよ~」
ひろこ:「象に餌をあげられるんですよ。」

ひろこさんが、象の上にいる象使いから餌を買ってきてくれました。

ひろこ:「こんなシーンはめったにないから写真撮ってあげますよ。」

餌を渡され、私は言われるがまま恐る恐る象に近づいていきました。私は象を近くで見るのも初めてだし、餌をやるなんて~って感じだったんですが、餌を差し出すと長い鼻をピヨ~ンと伸ばして餌をつかみ、口に持っていったんです。きゃ、可愛いかも!感動しました!

餌は確か、さとうきびを10cm位にしたものだったような・・・・ビニール袋に5.6本入っていたと思います。酔っ払っていたので記憶がさだかでないですが。いくらするのかは、私に気を使ってひろこさんは教えてくれませんでした。


鼻を伸ばして餌をもらう象

そのレストランはチェンマイのナイトバザールからバイクで10分位の所でした。ムーカタという料理を出す店だったのですが、豚肉や魚の切り身、いか、ちくわ、ピンポン球位のはんぺん、白菜、青菜などを、ジンギスカン鍋のような鍋で焼いたり、塩ベースのスープで煮たりしてピリ辛ソースを付けて食べるんです。


ムーカタ・・・ジンギスカンの鍋に似たムーカタの鍋

私はナンプラーを付けて食べました。でも鍋の周りの溝に入れたスープは、野菜やちくわや魚のすり身のはんぺんのいいだしが出ていて、ナンプラーを付けなくても充分美味しいんですよ。

鍋のまーるくなってるところでは、下味のついた肉や魚を載せてジュウジュウ焼いて食べるので、焼肉と鍋料理が一緒に食べられるって感じでしょうか。

私は大好きです。あぁ~食べたくなっちゃった。

ムーカタの発音が難しいんです。「モ」と言う口を開けながら「ム」と言うような感じで「ムーカタ」と言います。好きな食べ物なので覚えました。ひとりでTUK TUK(トゥクトゥク:バイクタクシー)に乗って食べに行くとしたら「ムーカタ」が言えないと、そのレストランまで行けないと思ったので。

ムーカタを食べさせてくれるところはあちこち沢山ありますので、味や価格が自分に合うところを見つけるのも楽しいですよ。

私がよく行く店は確か食事1人90THBで食べ放題、ドリンク別料金です。いつも二人で400THB~500THBだったと思います。女、二人なのにまぁ~よく飲むんですよね。(※1バーツ約3円弱ぐらい)

Copyright© アジア雑貨. All rights reserved.